高専生がオンライン塾を選ぶポイント!そもそも高専生に塾は必要?

高専生のためのオンライン数学塾「さかのうえの塾」坂上講師です。

高専生は特殊なカリキュラムなため、高専生を教えることのできる塾は全国にそう多くありません。オンライン塾を選ぶ際のポイントを、あまり知られていない「塾の仕組み」を踏まえて解説します。

もくじ

「そもそも高専生に塾は必要?」の本当の答え

高専生に塾は必要か?このような質問がなされると、ネットでは

寮生なら友達や先輩が教えてくれるから高専生に塾は必要ない!

教授の部屋に行けば教えてもらえるから塾に行くのはもったいない!

などの、高専生視点の回答を見ることがあります。決して間違いではないと思いますが、「高専生」と「高校生」両方をたくさん指導してきた私からの答えは…

必要ではないケースもあるが、必要なケースもある

です。

「必要なケースもある」と言える理由

確かに「寮生なら寮の仲間に聞ける」「教授の部屋で教えてもらえる」この2つは高専ならではの良い環境です。

でも実は、高校生にも充実した環境はあります。

例えば、学校帰りに、図書館や他の高校生が集まる勉強スポットで友達と勉強する習慣が多くの高校生にはあります。これは逆に遠方から多く集まっている高専生にはあまり見られない習慣です。

また、高校では「担当先生の研究室」がない場合がほとんどですが、決して先生に勉強を聞けない環境ではありません。そして重要な点として、教授は「研究のプロ」ではあるものの教員免許を持っていないのに対し、高校の先生は教員免許を持つ「教えるプロ」です。それで高校でも先生を上手に使えば質問があっさり解決することもしばしばあります。

では、高校生に授業の補習をしてくれる塾は必要ないでしょうか?「必要のない生徒もいるし、必要な生徒もいる」というのがその答えではないでしょうか?

高専生にも同じことがいえます。

現実に目を向けると、毎年全国の高専で計1,000人レベルの高専生が留年しています。その全員が授業をサボったためではなく、「どうしてもついていけなくて…」という高専生も多くおられることは容易に推測できます。

ですから、進級が危ない時には

進級やばいかも…でも高専生なのに塾行くって…高専入った意味なくない?

という考えは一旦保留にして、

同じ学年を2回経験するリスク」と「塾に時間とコストをかける価値があるか

を冷静に天秤にかけて比較してみることも必要かと思われます。

高専生が今の成績で塾が「必要?」「必要ない?」はどこで判断したら良いか?

この判断はどんな基準ですると良いでしょうか?

これは感覚的な話になりますが、授業が「何を言ってるのかほとんど分からない」から「4〜5割程度しか分からない」の間にいるのであれば、塾を選択肢の一つに入れても良いと思われます。その理解度ですと、友達や教授の助けだけでは赤点回避は厳しい可能性があるかもしれないからです。

逆に、「全部ではないけど…半分〜6割以上は言ってることが分かる」レベルであれば、友達や教授の助けで十分赤点回避できる可能性が高いかもしれません。この場合、安定した成績を取るために塾に行く選択肢はありますが、「切実に必要」とまでは言えないかもしれません。

高専生が塾やオンライン塾や家庭教師を選ぶ時のポイント

では、高専生が「自分には塾が必要かも…」となった場合の塾の選び方のポイントを解説していきます。参考になさってください。

高専生「も」指導する塾より、「高専生のための塾」のほうが良い

「小学生・中学生・高校生・高専生対応」という塾を見かけることがあります。

決してそのような塾が悪いわけではなく、高専生を丁寧に指導してくれる塾も多いと思いますが、安心なのは高専生に特化した塾です。

というのも高専生は「カリキュラムが特殊」だからです。

もし「高専生のための塾」ではない塾を検討している場合は、塾長にお問い合わせした際に「高専のカリキュラム」についてしっかりとした理解があるかをそれとなく確認してみると良いと思います。

コスパをとるなら個人、サポートの多さを選ぶなら大手塾

次に、個人講師一人で経営している塾か、講師がたくさん在籍している大手塾かの選択肢です。

大手塾はサポートが充実している分コストはかかる

大手塾のメリットはサポートが豊富なことです。講師の交代も出来ますし、自習室や映像授業などのサービスもあるかもしれません。また講師以外のスタッフもいますので、クレーム対応や教育相談なども充実している場合が多いです。

その分コストはかかります。働いている全員の報酬と必要経費のすべてを、親御さんからの月謝で賄う必要があります。

  • アルバイト講師やプロ講師へ報酬
  • 塾長や事務員などスタッフの給与
  • システム維持などにかかる費用
  • 宣伝広告費(Google検索で「スポンサー」と表示される費用)

を、月謝で賄う必要があるため、

料金の相場は、

入塾料:¥20,000程度
1時間あたりの授業料:¥6,000〜¥7,000程度

となっています。(あくまで相場ですが…)

コストは多少かかっても、上に挙げたようないろいろなサポートがあったほうが良いという方は、大手を選ぶのが良いかもしれません。

コスパを選ぶなら個人

コスパを重視する場合は個人で塾や家庭教師をしている講師を探す、というのも選択肢の一つです。

個人講師のメリットは、コストが最小限で済むことです。

一例として「さかのうえ塾」を例に挙げると、かかる費用は

入塾料:¥0
1時間あたりの授業料:¥4,500

です。プロ講師の授業料のみかかるため、コストは最小限ですみます。

一方、個人講師のデメリットは、「講師の交代ができない」ことと「好きな曜日時間をピンポイントで選べない」ことです。そのデメリットがそれほど気にならない、コスパを重視したいという方は個人塾の選択が良いかもしれません。

数学は「高専卒」で「指導経験豊富」な講師がベスト

次に講師ですが、高専生を教えるためには、「高専卒」かつ高専生をこれまでかなり指導してきた講師が「ベスト」です。

理由①:高専数学は高校生から見ると異次元

高専の数学はレベルが違います。

工学に特化した数学なので、高校生で習う図形や確率をさらっと扱う分、関数や微積やベクトルや行列が怒涛のスピードで進み、3年生が終わる時点では大学数学の基本的な部分をかなり学習している状態です。微分方程式の解法やベクトルの線形変換なども終えているというのは、高校3年生からすると考えられない状態です。

ですから、高校から大学受験を経た大学生アルバイト講師が高専3年生に数学を教えるということは、同級生に数学を教えている状態と大きな差がありません。指導経験豊富なプロ講師だったとしても、高校生までしか教えたことがないのであればかなり厳しいかもしれません。

理由②:「学力」と「指導力」は別のスキル

「自分が解ける」から「分かりやすく教えられる」ようになるまでには指導経験が不可欠です。大学生のアルバイト講師だけで成立している塾でも良い塾は沢山あると思いますが、その場合「学力」は保証されていても「指導力」は講師によってある程度の当たり外れは想定しておいたほうが良いでしょう(もちろん学生でもとても上手に授業できる講師もいます)。加えて、オンライン講師の場合、対面の有名塾のような採用試験なしにネット上の登録だけで採用になる塾や、学生講師への研修制度がない塾が多くを占めるため、担当講師の「指導スキル」を学生さんと保護者様が一緒にしっかり見極めることが重要です。

色んな学生講師・プロ講師と接してきた経験上、講師の質は講師の学力とセンス」が3割、「指導経験と講師自身の向上心」が7割で形作られていくと思っています

そんな理由を踏まえると、高専生に数学を教えるのは

高専卒で高専生をかなり指導した経験のある、経験豊かな講師がベスト!
学生講師中心の塾を選ぶ際にも担当講師の「学力」に加えて「指導力」をしっかり確かめることが重要!

これが、高専生が塾選びで失敗しないコツだと思います。

まとめ

以上、高専生に塾は必要か?と、高専生が「塾」を選択したときの選び方のポイントでした。塾が必要かも?と思った時の参考にされてください。

留年しそうな高専生が一人でも助かって、高専ライフをできるだけストレートで完走できることを願っています。

高専の勉強についての相談や、塾選びのご相談gあればお気軽にお問い合わせページからご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ